髪に良い食べ物とは

1日で自然に抜ける髪の本数ってどのくらい?


ただ漠然とシャンプーの時に抜け毛が多いなぁーと思っても、実際に拾いあげて毎日何本抜けたかチェックしている人はまずいません。

なんとなく目についた数が多い様な気がしているだけっという人がだいたいです。

季節などによって多少違いはありますが、人が1日に自然と抜ける髪の毛の量は50-100本といわれています。

なので、洗髪時だけで100本以上抜けていたのなら多いといえるでしょう。

そんななか注意しなくてはいけないのは、まだ短い髪の毛の抜け毛が多くないかということみたいです。(他の髪の長さに比べて)

これはまだ成長がちゃんとできていない髪の毛ですから、毛の周期が狂って抜けてしまったということで、明らかな危険信号のようです。

本数よりも短い毛が多く抜けていないかを注意深くみてみるのも大事なようです。

もし、気になるようでしたら、早めの育毛対策が大切です。

ハゲない方法としては特に下記の4つを意識をしよう

その1、食生活の改善

肉、脂が多い食生活を抑え、野菜、魚が多い食生活に切り替えましょう。
そして、髪に良いといわれている食品を取り入れましょう。

その2、睡眠時間はしっかりとりましょう。

理想は、22時〜2時の間は就寝していること。22時〜2時は、もっとも成長ホルモンが育つ時間です。この時間をないがしろにすると、それだけ成長ホルモンは分泌されず、髪に栄養がいきません。

その3、正しいシャンプーの方法で洗髪しましょう
泡
しっかり落とすことは大前提ですが、シャンプーをつけてから落としきるまでの時間は、なるべく短めにしましょう!

長ければ長いほど頭皮に良くないというくらいの意識を持ってもよいくらいです。 そして、多くても1日1度にしましょう。朝、夜の2度は頭皮によくありません。

その4、正しいドライヤーの方法で乾かしましょう。

洗髪後はできるだけ吸収性の良いタオルで押さえるようにやさしく拭き、ドライヤーは、高温の熱風をあてすぎず、根元から乾かすこと。


この4つをしっかりと行えば絶対に何も育毛対策をしない状態よりも、確実に抜け毛を減らすことができます。

どうせやるなら、長くしっかりと行いましょう。
完全に禿げてしまってからでは遅いのです!


ドクターが推奨の生える育毛剤をみる【男性用】


ドクターが推奨の生える育毛剤をみる【女性用】

【朗報!?】IPS細胞で薄毛治療の可能性

ips

慶応大学の研究チームがIPS細胞をつかって毛髪を作り出す組織「毛包」を部分的に
再生させることに成功したと発表したと発表がありました↓

「研究チームはまずひとのIPS細胞を皮膚になる手前の細胞に変化させた。

さらに皮膚細胞に毛包を作るよう働きかける「毛乳頭」の代わりに、同様の力を持つ若いマウスの皮膚細胞を皮膚になる前の細胞に混合。

マウスに移植したところ、マウスとヒトの細胞が混ざった毛包の細胞と毛髪ができた。

ヒトの毛乳頭には大量摂取がしいなどの問題があるため、今回は摂取が容易な若いマウスの細胞を用いた。

ヒト のIPS細胞から毛乳頭を作ることができれば、今回の方法を応用して完全なヒトの毛包を再生させることが可能になると期待できるという。」


研究チームは「脱毛症の治療や育毛剤開発につながる可能性がある。」ともコメントしているようです。

これは薄毛界のビッグニュースですね!!
昨今、万能細胞と話題のIPS細胞がこんなドンピシャで薄毛の期待に応えてくれるなんてなんとも素晴らしい^^

ネット上でも「世界の薄毛の金持から研究費を募集すれば余裕で1兆円集まるだろw」などと盛り上がってますね。 なんにせよ早く研究が進んで実用化してくれることを願うばかりです。

j

育毛サプリのトップへ戻る