カツラとサプリと結婚と・・・

薄い

38歳 男性 会社員の場合

先見の明が災いをしたとはこの事です。

私、実はズラだったんです。

20歳過ぎた頃からぽつぽつ髪が抜けはじめました。

父親も若い頃の写真を見る限り同じ頃から髪の毛が薄くなってきた様です。

遺伝です。

さて、どうしたものかと悩んで達した答えがバレないうちにズラをかぶるでした。

今のうちならまだ誰も気づいていない、そんな時からズラをかぶっていれば死ぬまでバレる事がない、そう確信して貯金をはたいてズラをつけました。

それから10年、これまで私がズラだと言う事は誰も気づいていない様です。

さて、肝心の本物の毛はと言うと年々薄くなってきて、頭皮が見えるほどになってしまいました。

しかし、このズラさえあれば誰も分かりはしない、そう思っていました。

確かに苦労はあります。毎年の社員旅行ではのぼせやすいのでと言う事にしてみんなと一緒に風呂に入りません。

さて、そこで大変な事が起こってしまったのです。

私、結婚する事になったのです。

勢いもあって結婚することになったのですが、いくら何でも一緒に彼女と暮らすのですからいつかはズラがばれてしまう。

いっその事、カミングアウトするかとも思いましたがそれではこれまで彼女をだましていたことになります。

時間があるたびにひとり、ズラをはずして鏡に向かって薄くなった頭を覗いています。

何とかこれがバレない方法はないのか?

そうだ、よく考えると私はズラの威力に頼り過ぎて自助努力をした事がない、そうふと思いました。

すぐにネットで育毛剤や育毛サプリメントを調べいくつか購入しました。

それから毎日せっせと育毛生活が始まりました。

しかし、男女の関係とは難しいもので、プロポーズから2か月と経つうちに彼女の思いが冷めてきたのか、カツラがバレたのかわかりませんが突然別れの宣言をされてしまいました。

そして、1年が経ち自毛もだいぶ増えてきましたが、心には今もぽっかりと穴が空いています。

今はもうカツラはかぶることをやめました。

髪の毛に良い生活習慣

→フェルサの公式サイト

育毛サプリトップへ戻る