髪に良い食べ物とは

春夏秋冬|季節別の育毛対策のポイント

季節によって髪のケア方法も異なります。それぞれの季節に合わせて髪を労わりましょう。
春のヘアケア

春の育毛対策・ヘアケアのポイント

春の育毛対策のポイントは、冬に受けた乾燥のダメージの補修と徐々に強くなる紫外線への対策をすることです。

冬は乾燥する季節で、肌や髪の毛も乾燥しダメージを受けています。

冬の間にしっかりとトリートメントなどで髪に保湿と栄養を与えていた人は、あまり心配いりませんがそれをしてこなかった人は春になる頃に蓄積されたダメージが一気に出てきます。

春に抜け毛が増えたという人は、冬の乾燥ダメージの蓄積によるものが非常に多くあります。

そういった人は、今からでも遅くはないのでトリートメントで髪に潤いと栄養を与えて髪を労わりましょう。

トリートメントの注意点としては、トリートメント液は髪だけつけるようにしてください。頭皮についてしまうと毛穴に入り込み皮脂の過剰分泌の原因になり、抜け毛につながります。

正しいトリートメント方法 そして、紫外線は5、6月が実は1年で一番強いとされます。紫外線は髪や皮膚の老化に一番ダメージを与えます。

また、曇っていても紫外線は出ています。この時期、外出の際はできるだけ紫外線カットのクリームと日傘や帽子は常備するようにしましょう。

夏の育毛対策・ヘアケアのポイント

夏のヘアケア

夏の育毛対策のポイントは、まず紫外線を避けること。紫外線が髪に与える被害は多大です。

さらには、汗をよくかきますので、頭皮を清潔に保つことと洗髪のしすぎに注意が必要です。

頭皮に汗をかくと毛穴に皮脂や汚れがつまることで皮脂が過剰に分泌するようになり抜け毛につながります。

汗をかいた日には必ずシャワーを浴び洗髪をし頭皮を清潔に保つようにしましょう。

ただし、シャンプーのしすぎに注意してください。

頭皮を清潔に保つにはシャンプーをすることは大切ですが、1日に何度もシャンプ−をすると頭皮の必要な分の脂までとってしまうことになります。

頭皮の皮脂を摂りすぎると、足りなくなった脂を補充しようと脳が指令を出し皮脂が過剰に出るようになります。つまり皮脂は、摂りすぎもいけないのです。

また、洗髪をした後は濡れたままにしておくと髪を痛め、頭皮に雑菌が繁殖する原因になりますので、髪はちゃんとドライヤーで乾かすようにしましょう。

秋の育毛対策・ヘアケアのポイント

秋のヘアケア

秋は抜け毛に悩む方が増える時期といわれています。

季節的には乾燥するのでそれが原因と考える方が多いのですが、実は夏の生活習慣が問題なのです。

抜け毛はその時期だけで起こるものではありません。
秋の抜け毛のほとんどは夏に受けた紫外線などのダメージの結果で出てきてしまうのです。

一番の対策は、夏の間にしっかり紫外線を防ぐことですが、受けた後ではどうしようもありません。

受けたダメージを回復させるには、トリートメントによる保湿と栄養補給、そして生活習慣で補ってあげることが大切です。

日々の食事面では、髪の毛の成分であるタンパク質を大豆などから意識的に摂取するようにしましょう。

実際に秋に抜け毛が増えた体験談を見る

冬の育毛対策・ヘアケアのポイント

冬のヘアケア

日本は夏の湿度が高く冬の湿度が低い国で冬は乾燥しがちです。

それは体や顔に限ったことではなく、頭皮を乾燥させる原因が多く潜んでいます。

冬は湿度が低いのに暖房器具で暖められた部屋にいることで空気が更に乾燥した状態になっています。

乾燥した空間にいると体から水分が奪われやすくなりますし、寒さから血行不良になると栄養不足で頭皮は乾燥しやすくもなります。

そして入浴時にも夏より冬は温度を高くすることが多いため、シャンプー時に高温のお湯で洗うことで皮脂が過剰に洗い流されやすくなります。

元々夏より皮脂の分泌が少ないのにさらにシャンプーで洗い流されてしまうことで、水分だけではなく脂分も足りない状態になってしまいます。

顔や体は保湿していても、頭皮のことはすっかり忘れているという人も少なくはないものです。

冬はこのように頭皮が乾燥しやすい要因が多いですので、保湿が欠かせないのです。

頭皮の乾燥は育毛にとって良いことは何ひとつありません。

乾燥した頭皮には育毛剤の浸透も悪くなりますし、髪を育てる細胞の働きも衰えさせてしまいます。

冬は特に定期的にトリートメントで保湿と栄養補給が大切です。

また、蒸しタオルを頭に巻いたり、頭皮に直接つける保湿ローションなどを使うことも効果的です。



髪を元気にするアミノ酸系オーガニックシャンプーを見る

育毛サプリのトップへ戻る