髪に良い食べ物とは

抜け毛の本数

1日で自然に抜ける髪の本数


1日で自然に抜ける髪の本数ってどのくらいなんでしょう?

ただ漠然とシャンプーの時に抜け毛が多いなぁーと思っても実際に拾いあげて毎日何本抜けたかチェックしている人はまずいませんよね。

なんとなく目についた数が多い様な気がしているだけっていうのがだいたいです。
季節などによって多少違いはありますが、50-100本といわれています。
なので、洗髪時だけで100本以上抜けていたのなら多いといえるでしょう。

そんななか注意しなくては行けないのは、まだ短い髪の毛の抜け毛が多くないかということみたいです。(他の髪の長さに比べて)

これはまだ成長がちゃんとできていない髪の毛ですから、毛の周期が狂って抜けてしまったということで、明らかな危険信号のようです。

本数よりも短い毛が多く抜けていないかを注意深くみてみるのも大事なようです。

もし、気になるようでしたら、早めの育毛対策を始めましょう。

ハゲない方法としては特に下記の4つを意識をしてください。


その1、食生活の改善


肉、脂が多い食生活を抑え、野菜、魚が多い食生活に切り替えましょう。
そして、髪に良いといわれている食品を取り入れましょう。

その2、睡眠時間はしっかりとりましょう。

理想は、22時〜2時の間は就寝していること。22時〜2時は、もっとも成長ホルモンが育つ時間です。この時間をないがしろにすると、それだけ成長ホルモンは分泌されず、髪に栄養がいきません。

その3、正しいシャンプーの方法で洗髪しましょう

しっかり落とすことは大前提ですが、シャンプーをつけてから落としきるまでの時間は、なるべく短めにしましょう!

長ければ長いほど頭皮に良くないというくらいの意識を持ってもよいくらいです。 そして、多くても1日1度にしましょう。朝、夜の2度は頭皮によくありません。

その4、正しいドライヤーの方法で乾かしましょう。

洗髪後はできるだけ吸収性の良いタオルで押さえるようにやさしく拭き、ドライヤーは、高温の熱風をあてすぎず、根元から乾かすこと。


この4つをしっかりと行えば絶対に何も育毛対策をしない状態よりも、確実に抜け毛を減らすことができます。

どうせやるなら、長くしっかりと行いましょう。
完全に禿げてしまってからでは遅いのです!



ドクターが推奨の生える育毛剤をみる【男性用】


ドクターが推奨の生える育毛剤をみる【女性用】

 

【育毛の雑学】虫歯は抜け毛につながる??


虫歯は、ズキズキとした痛みや、冷たい物を飲んだ時に滲みるキーンっとした痛みなどに悩まれます。

歯医者で治療を受ければ、、数回の通院で治すことが分かっていても、仕事が忙しかったり、そもそも歯医者が「怖い」などの理由を並べて放っておいてしまう方も少なくありません。

虫歯がある方にはその痛みだけでなく、肩や首がこった頭痛などの体の不調に繋がっていることを実感することがあると思いますが、実は虫歯が原因で薄毛になることもあると言われています。

なかなか虫歯=薄毛と考えるのは難しいかもしれませんが、少なからず間接的には薄毛へと繋がっていく恐れがあるのです。

虫歯になり痛みがあると、どうしても食べ物を噛む回数が少なくなり、顎から上、つまり頭皮も含む部分への血流が悪くなってしまいます。

また、ストレスによって抜け毛や薄毛が進行するように、虫歯になったことや痛みからくるストレスが、頭皮環境の悪化に影響するのは確かです。

虫歯を歯医者で治療したら、抜け毛が減り、髪が生えてきたという事例もある通り、無慈悲と薄毛は無関係ではなく、虫歯は薄毛へ繋がるものと思って良いものだと思います。

なにも、「虫歯菌が髪の毛をも蝕む」というストーリーではありません。

あくまで虫歯が薄毛に繋がる理由は、頭皮の血流に影響するということです。

食べ物を噛む時に、顎を動かす筋肉が咀嚼筋なのですが、咀嚼筋の末端は頭頂部へと繋がっています。つまり、噛めば噛むほど咀嚼筋が活発に動くので、頭皮の血流が良くなっていくのです。

頭皮の血流が良くなると、毛根に発毛や髪の成長に必要な栄養素を十分に運ぶことが出きるのです。

虫歯があると、この逆の流れになります。歯の痛みから噛む回数が減り、咀嚼筋の動きが少くなることから頭頂部などの血流が悪くなり、十分な栄養素が毛根に行き渡らないことで、髪の毛の成長が妨げられ、抜け毛のサイクルも早まり薄毛へと繋がっていくのです。

虫歯が薄毛の原因になることなど、想像もつかなかったことではないでしょうか。

ストレスが抜け毛や薄毛に繋がるということは、良く知られていることです。
虫歯の痛みなどがストレスとなれば、薄毛への関係性は大きいと考えるのも容易ですが、歯の痛みを庇うが為に口の動きが少くなり、咀嚼筋が十分に使われず、頭頂部などの血流が悪くなり髪への栄養がいき渡りにくくなるということです。。

虫歯の治療をなおざりにして、頭皮の血流を良くしようとせっせと育毛剤を使っている方は耳の痛い話ではないでしょうか。

頭皮の血流を良くする為にも、咀嚼筋を良く動かすことは大切な事です。虫歯があっては、その痛みから良く噛むことが出来ません。

育毛剤を一生懸命使うことより、まずは虫歯の治療を優先して考えてみて如何でしょうか。

育毛剤を始めるタイミングは?


髪に良い食べ物トップへ戻る