髪に良い食べ物とは

【育毛の雑学】虫歯は抜け毛につながる?

虫歯

歯医者で治療を受ければ、数回の通院で治すことが分かっていてもなかなか行けないのが虫歯の治療です。

仕事が忙しかったり、そもそも歯医者が「怖い」などの理由を並べて放っておいてしまう方も少なくありません。

虫歯がある人は、歯の痛みだけでなく頭痛などの体の不調に繋がっていることを実感することがあると思いますが、実は虫歯が原因で薄毛になることもあると言われています。

なかなか虫歯=薄毛と考えるのは難しいかもしれませんが、少なからず間接的には薄毛へと繋がっていく恐れがあるのです。

虫歯になり痛みがあると、どうしても食べ物を噛む回数が少なくなり、顎から上、つまり頭皮も含む部分への血流が悪くなってしまいます。

また、ストレスによって抜け毛や薄毛が進行するように、虫歯になったことや痛みからくるストレスが、頭皮環境の悪化に影響します。

虫歯を歯医者で治療したら、抜け毛が減り髪が生えてきたという事例もあります。

結果として虫歯は薄毛へ繋がるもこともあるのです。

なにも、「虫歯菌が髪の毛をも蝕む」というストーリーではありません。

あくまで虫歯が薄毛に繋がる理由は、頭皮の血流に影響するということです。

食べ物を噛む時に、顎を動かす筋肉が咀嚼筋ですが、咀嚼筋の末端は頭頂部へと繋がっています。

つまり、噛めば噛むほど咀嚼筋が活発に動くので、頭皮の血流が良くなっていくのです。

頭皮の血流が良くなると、毛根に発毛や髪の成長に必要な栄養素を十分に運ぶことが出きます。

虫歯があると、この逆の流れになります。

歯の痛みから噛む回数が減り、咀嚼筋の動きが少くなることから頭頂部などの血流が悪くなるのです。

十分な栄養素が毛根に行き渡らないことで、髪の毛の成長が妨げられ抜け毛のサイクルも早まり薄毛へと繋がっていくのです。

虫歯が薄毛の原因になることなど、想像もつかなかったことではないでしょうか。

ストレスが抜け毛や薄毛に繋がるということは、良く知られていることです。

ストレスは万病の元です。虫歯の痛みなどがストレスとなれば薄毛への関係性は大きいと考えるのも容易です。

虫歯の治療をなおざりにして、頭皮の血流を良くしようとせっせと育毛剤を使っている方は耳の痛い話ではないでしょうか。

頭皮の血流を良くする為にも、咀嚼筋を良く動かすことは大切な事です。

虫歯があってはその痛みから良く噛むことが出来ません。

育毛をちゃんと考えるのなら、まずは虫歯の治療を優先しましょう。

ふつう髪は1日どのくらい抜ける?
育毛サプリのトップへ戻る